TOP > 研究室紹介 > 奥村・水野研究室

研究室紹介

奥村・水野研究室

教員からのメッセージ

人工衛星のアンテナ、太陽電池パネルなどの柔軟構造の概念が剛構造として設計されていた航空機、車両などの機械構造物や高層建築物の構造形態に取り入れられるようになっています。例えば、柔軟に変形あるいは破壊しやすい構造により衝撃力を吸収する構造が航空機のレドーム、新幹線の運転席前部などに採用されています。当研究室では、材料の特性や機能、構造物の形態をパソコンにより解析したり、シミュレーションしたりしています。