TOP > 研究室紹介 > 永尾研究室

研究室紹介

空と宇宙の乗り物をデザインする

本研究室では,航空機の革新的軽量構造技術として、軽量化に関する技術研究と複合材料に関する研究を行います。この研究では学生諸君は自ら複合材料を成形し、そのためにJAXAの研究設備を使用しています。JAXAと共同研究を行うと共に、研究生として学生はJAXA複合材センターで指導を受けることができます。すでに先輩も研究生として立派な成果を出しています。また、宇宙施術として、超高速デブリ衝突の事象解明の研究をJAXAと共に行っています。主に宇宙機の主要材料である複合材への衝突実験とシミュレーションソフトの開発を行っています。その他に厚木近在の会社と複合材の低コスト成形に関する共同研究も行っています。




主な研究内容

複合材料の力学特性に関する研究

炭素繊維で強化した樹脂系複合材料について、力学特性や熱膨張率などの理学特性を解析的に評価し、シミュレーションなども含めて事象の解明を試みています。


構造の軽量化に関する基礎的研究

航空機や宇宙機構造の軽量化には、材料の選択とそれに適した構造様式の設定が必要となります。複合材構造の軽量化に最適な構造様式を研究しています。


宇宙デブリの超高速衝突に関する研究

速度7km/秒の宇宙デブリが各種材料に衝突して破壊する事象について、実験とシミュレーションとを併用し有効なデブリバンパーなどについて研究する。


航空宇宙機・無人機の構想とデザイン

目的により航空宇宙機の形状や構造は異なります。そこで用途ごとの航空宇宙機についてデザインしています。また、無人機は使用目的のみに限定した形態や運用方法が考えられます。これらの各種無人機についても自由な発想でデザインし、必要となる技術やシステム構想を研究しています。


カテゴリー: