TOP > 研究室紹介 > 小林研究室

研究室紹介

日本機械学会「茨城講演会」にて卒研生が研究発表

  8月24日(金)日立市にある茨城大学を会場にして、日本機械学会の第20回茨城講演会が開催され、
小林研から「池田優介」君(航空宇宙学専攻4年)が研究発表しました。 

    講演題目 「後流渦の減衰を組み込んだ揚力線理論解析」

 池田君にとって初陣となる発表でしたが、一般人や院生に交じって、解りやすく若者らしい溌剌とした講演発表ができました。

  (写真の下左は茨城大学構内、下右は太平洋がみえるJR日立駅からの風景です。)

Kouen-10.jpg

ShortPeriodSpec.png パイロットはピッチ姿勢やバンク角などの飛行姿勢を操りながら、航空機の飛行経路や飛行速度をコントロールしています。姿勢コントロールの良し悪しは航空機の操縦性の基本になります。

 本研究はパイロットによピッチ姿勢のコントロールについて、特に低速飛行域での問題について、焦点を当てています。右図は航空機を開発設計する際の飛行性設計基準として使用されている米軍規格MIL-F-8758Cにおける縦短周期振動モードに対する基準です。

 縦短周期モードはピッチ姿勢コントロールに最も大きな影響を与えます。右図の縦軸はその振動モードの固有各振動数で、横軸は迎え角変化に対する垂直加速度発生の割合を示すパラメータですが、これは飛行速度の2乗に比例します。図中に橙色を塗った領域がパイロットにとって操縦上満足できる縦端周期特性の領域であることを示しています。固有各振動数に上限と下限があることの他に、低速域でも操縦しにくくなることを示しています(赤色の破線で丸く囲った部分)。 

 この低速域でのピッチ姿勢コントロールの問題を明らかにすべく、小林研の研究用フライトシミュレータを使用して研究しています。下の写真はその実験の様子で、飛行性評価パイロットはDC-8やB-767のキャプテンや教官パイロットを勤めた本学の武田攻良客員教授です。

 本研究の成果については10月27日の日本機械学会山梨講演会(甲府市)にて「中丸拓海君(航空宇宙学専攻4年生)」が講演発表します R0011455.JPG

小林 修 特任教授

小林顔写真.jpg   経歴:川崎重工業にて長年にわたり航空機の開発に従事。
              そののち東海大学教授を経て、本学特任教授に。
  学位:博士(工学)

専門分野&研究領域:

  ・航空機の飛行性 (Flying Qualities)   ・航空機の飛行制御則(Flight Control Law)
  ・人間パイロット操舵特性                    ・航空機/宇宙機の開発
  ・飛行シミュレータ試験&風洞試験の技術   ・編隊飛行時の空力特性
  ・ダウンバースト室内実験                    ・空間識失調(Vertigo)

 
研究論文、TV番組出演など:
   ⇒
 
研究論文&マスメディア.pdf   (2012.2.6 更新)

 panel-airplane.jpg
担当科目:

 ・飛行力学                    ・航空宇宙機設計 
 ・航空宇宙プロジェクト   ・機械設計法1&2

 
 開発に直接従事してきた航空機・宇宙機:

 ・対潜哨戒機 PX-L
 ・可変特性研究機 P2V-7改VSA (1977年初飛行)
 ・短距離離着陸(STOL)実験機「飛鳥」(1985年初飛行)
 ・宇宙往還機「HOPE」
 ・飛行艇US-1A改(現US-2)(2003年初飛行)

 
主な社会活動:(2011/6現在)

 ・日本航空宇宙学会 理事(1997-1998)
 ・日本航空宇宙学会 大学教育検討委員会 委員長(2007-2008)

 ・文部科学省 宇宙開発委員会 特別委員(2004-現在)
 ・防衛省 「高運動飛行制御システムの研究」外部評価委員会 委員長(2009)
 ・経済産業省 「将来型航空機運航自律制御支援システム技術研究調査」技術評価検討会 座長(2005)
 ・内閣府 ミレニアムプロジェクト-成層圏プラットフォーム評価助言会議 議長(2003-2004)

 ・NEDO 技術委員(2011-現在)
 ・JAXA 航空プログラム推進委員会 委員長(2007-2010)
 ・JAXA JAXA航空の研究開発に関する外部有識者委員会 委員長(2009-2010)
 ・JAXA 将来旅客機概念検討分科会 分科会長(2005-2008)委員(2008-2010)
 ・財団法人無人宇宙実験システム研究開発機構
   「空中発射システム委員会に関わる専門委員会システム専門委員会」委員(2009-現在)
 ・海上自衛隊テストパイロットコース特別講義講師(2005-現在)
 ・神奈川県大和市「やまと市民大学講座―航空工学入門」講師(2008)

夏の暑さをぶっ飛ばせ!-- 懇親会開催 --

小林研懇親会20120803.jpg 前期期末試験が終わり、再び卒業研究に戻ってきたところで、研究室の懇親会を開催(8/3 本厚木駅前の魚民にて)。

  卒研生(4年生と3年生)が勢揃いし、研究活動に協力して頂いている武田、根本、水野の3先生にも参加して頂きました。

  食べて飲んで、話して笑って、楽しいひとときを過ごし、明日からの活動に向けて活力も一杯養いました。

(写真撮影は根本先生)