TOP > 研究室紹介 > 小林研究室

研究室紹介

小林 修 特任教授

小林顔写真.jpg   経歴:川崎重工業にて長年にわたり航空機の開発に従事。
              そののち東海大学教授を経て、本学特任教授に。
  学位:博士(工学)

専門分野&研究領域:

  ・航空機の飛行性 (Flying Qualities)   ・航空機の飛行制御則(Flight Control Law)
  ・人間パイロット操舵特性                    ・航空機/宇宙機の開発
  ・飛行シミュレータ試験&風洞試験の技術   ・編隊飛行時の空力特性
  ・ダウンバースト室内実験                    ・空間識失調(Vertigo)

 
研究論文、TV番組協力など:
  ⇒
研究論文&マスメディア.pdf 
(クリックして開くまでに少々時間が掛かることがあります)(2012.2.6 更新)

 panel-airplane.jpg
担当科目:

 ・飛行力学                    ・航空宇宙機設計 
 ・航空宇宙プロジェクト   ・機械設計法1&2

 
 開発に直接従事してきた航空機・宇宙機:

 ・対潜哨戒機 PX-L
 ・可変特性研究機 P2V-7改VSA (1977年初飛行)
 ・短距離離着陸(STOL)実験機「飛鳥」(1985年初飛行)
 ・宇宙往還機「HOPE」
 ・飛行艇US-1A改(現US-2)(2003年初飛行)

 
主な社会活動:(2011/6現在)

 ・日本航空宇宙学会 理事(1997-1998)
 ・日本航空宇宙学会 大学教育検討委員会 委員長(2007-2008)

 ・文部科学省 宇宙開発委員会 特別委員(2004-現在)
 ・防衛省 「高運動飛行制御システムの研究」外部評価委員会 委員長(2009)
 ・経済産業省 「将来型航空機運航自律制御支援システム技術研究調査」技術評価検討会 座長(2005)
 ・内閣府 ミレニアムプロジェクト-成層圏プラットフォーム評価助言会議 議長(2003-2004)

 ・NEDO 技術委員(2011-現在)
 ・JAXA 航空プログラム推進委員会 委員長(2007-2010)
 ・JAXA JAXA航空の研究開発に関する外部有識者委員会 委員長(2009-2010)
 ・JAXA 将来旅客機概念検討分科会 分科会長(2005-2008)委員(2008-2010)
 ・財団法人無人宇宙実験システム研究開発機構
   「空中発射システム委員会に関わる専門委員会システム専門委員会」委員(2009-現在)
 ・海上自衛隊テストパイロットコース特別講義講師(2005-現在)
 ・神奈川県大和市「やまと市民大学講座―航空工学入門」講師(2008)