TOP > 研究室紹介 > 小林研究室

研究室紹介

SIMU-CA3H0070.jpg

 

 小林研では独自の研究用のシミュレータのシステム構築を進めておりますが、現在は外部視界情報の拡大(投影画像のワイドビュー化)へのシステムアップを行っているところです。
 掲載の写真はその作業状況(投影スクリーンの3面化)の写真です。スクリーン間の隙間や画像接続の円滑化などへの細部の重要な対策を講じることがこれからの当面の課題です。

 さらには、視界情報の益々の拡大とコックピット内操縦装置などの改良を加えて、臨場感に溢れ、没入感に浸る迫真のシミュレータの構築を目指しています。