TOP > 研究室紹介 > 小林研究室

研究室紹介

卒研メンバー紹介&紙製ハニカム主翼の試作

ハニカム主翼試作開始 001.JPG

             

 ● 小林研の第1期卒業研究生は下記の4名でスタートです。

   力を合わせて、研究室の基礎づくりを兼ねながら、卒業研究に取り組んでいきます。

     小林将也君、佐藤守孝君、森田吉晴君、山影和哉君 (あいうえお順)

 

 ● 小林研ではいくつかの卒研テーマの中に「ジャンボ紙飛行機の製作」を活動の一つに掲げています。

   先ずは、オール紙製のハニカム主翼を試作してみることになりました。

   問題の抽出と対策検討がが目的です。また、共同作業はチームワーク形成に大いに役立つでしょう。

   主翼形状は、翼幅長200cm+α、翼弦長20cm、即ちアスペクト比10程度の細長い翼です。

   初めての製作ですので、翼型にはNACA2418と比較的翼厚比の大きなものを選びました。 ハニカム主翼試作開始 002.JPG

   すでに、解決しなければならない問題点が沢山みえてきています。

    ・主翼の前縁部と後縁部の製作方法は?。

    ・主翼の曲げモーメントに対する剛性確保?、

    ・主翼の上反角やWinglet製作法?

 これらの問題を解決して、次は航空機としての紙ジャンボ機の製作ステップへ進んでいく予定です。

 

 ●  また、ジャンボ紙飛行機製作以外の研究基盤の構築も進めていきます。

   例えば、航空機の飛行性を研究するための飛行シミュレータの構築や航空機の空力特性を調べるための風洞実験技術などです。