TOP > 研究室紹介 > 川島研究室

研究室紹介

EVコンバート(2)

ワンボックスカーのEVコンバートに手間取っている間、1人乗り電気自動車でアクセルペダルの機能を変更して乗り比べてみました。

 

◎2ペダル式(アクセルは加速のみに使用)

 アクセルペダルを離すと惰性走行に移り、燃費?を節約できそう。

でも、徐々に減速してしまう。オートマ車の感覚に近く、乗りやすい。

 

◎1ペダル式(アクセルを加速と回生ブレーキに使用)

 スタート時にアクセルを中立ポイント以上に踏み込まないと発進しない。

一定速度で走る時にはアクセルペダルを踏み込んでいる必要がある。

アクセルペダルを離すと回生ブレーキがかかる。

運転が面白くない。

などの意見があり、慣れが必要ですが、アクセルペダルを離すことで回生ブレーキがかかり安全との意見もありました。

電気自動車のアクセルペダルはどのようであるべきか。意見をいただければ幸いです。

<川島研究室のホームページ:http://www.me.kanagawa-it.ac.jp/kawashima/

カテゴリー: