TOP > 研究室紹介 > 川島研究室

研究室紹介

後期の卒業研究1始まる

9月24日より後期の卒業研究1が始まりました。

オープンキャンパスに車両展示したお礼で飲み会が楽しみです。

さて、自動車に関する話題です。

MT車(バス、トラック、昔の自動車などの手動変速機を備えている車)はC,B,Aの3ペダルです。

(C:クラッチ,B:ブレーキ,A:アクセル)

AT車(自動変速機を備えている車)はB,Aの2ペダルです。

それでは、未来の電気自動車のペダルはいくつがベストでしょう?

MT車はアクセルを放すとエンジンブレーキがかかりますが、AT車はほとんどかかりません。

どちらが安全なのでしょうか?

電気自動車の場合、回生ブレーキ(モータを発電機として使う状態)をアクセルを放したときに作動するようにしたほうがよいのか(MT車のような感じ)、すなわち、1ペダル? それとも、ブレーキを踏むまでかからないほうがよいのか(AT車のような感じ)、すなわち、2ペダル?

もしくは、ジョイスティックでペダル無し?

卒業研究1では、このようなことを議論し、電気自動車のペダルシステムを作成していきます。

<川島研究室のホームページ:http://www.me.kanagawa-it.ac.jp/~kawashima/

 

カテゴリー: