TOP > 宇宙ゴミ(スペースデブリ)拡散防止装置開発プロジェクトに参加

News & Topics

宇宙ゴミ(スペースデブリ)拡散防止装置開発プロジェクトに参加

  現在,地球の上空を周回している役目を終えたロケットや衛星の残骸の回収技術の開発が緊急の課題となっていますが,同時に,打ち上げたロケットや衛星を宇宙ごみにしない(これ以上ゴミを増やさない)技術の開発も重要です.その研究開発を本学科の渡部准教授のグループがベンチャー企業のALEおよびJAXAと共同で実施することになりました.
 
  詳細は本学およびALEホームページをご覧ください.

  本学ホームページ:https://www.kait.jp/news/1591.html 
  ALEホームページ:http://star-ale.com/news/330/2019/02/28/