TOP > 2015年5月

News & Topics

田辺研究室Tanabe Laboratory

分野:計算力学(Computational Mechanics)

 

□ 車、新幹線、浮上式鉄道など、各種の機械製品の開発に必要な、強度、振動、熱、騒音などの現象を、コンピュータにより効果的に解析するための力学モデルと数値計算法を研究し、そのシミュレーションソフトウェアを開発し,製品開発に必要な様々な工学現象をシミュレーションにより解明し、自然や社会に受け入れられる優れた製品の開発に役立てる。

 

1.新幹線の高速走行によって生じる高架橋の床板の振動による騒音の解析

 田辺研1M.jpg



2.新幹線の線路構造上の高速走行のシミュレーション結果の可視化システムVISの開発

VISは、新幹線とその線路構造のみならず、周りの環境までもモデル化して、仮想現実空間をコンピュータ内に生成し、その中で鉄道車両の高速走行の数値実験結果をリアルに表現するためのシステム。動画表示中に仮想空間内を鳥のように空中から舞い、全体の挙動を観察したり、構造物至近にまで近づいて、車輪とレールとの接触部分の複雑な接触・衝撃現象の詳細を確認するなど、数値実験結果を動画表示しながら自由に視点移動させて検討することが可能。

                田辺研2s.jpg

                千曲川斜張橋上の高速走行のシミュレーションと可視化

                 http://www.kanagawa-it.ac.jp/~l4023/index.html



3.カーボン繊維強化プラスチックを用いた軽量高剛性競技用自転車の開発

          田辺研3s.jpg

              
有限要素構造解析とCFRPの材料試験により試作モデルを製作


         田辺研4s.jpg

                 実地試験で改良した完成車両(宮川、小松君開発)
            近畿地区大会に参戦し、14人中7位の成績



        田辺研5s.jpg

            研究室のライダー小松君の参戦前の雄姿