TOP > 2011年10月

News & Topics

10月27日,卒業研究IIの仮配属研究室の掲示が行われました.

卒業研究IIは4年次の必修科目ですが,年々早まっている就職活動において,自分の研究内容(研究することになる研究内容)を説明できるようにしておくことなどを目的として,機械工学科ではこの時期に仮配属を行うことにしています.3年次終了時に単位数などの履修条件を満たした学生が4月に正式配属となります.学生は決められた期間内に興味のある研究室の見学を行い,入りたい研究室の希望を出しますが,各研究室には募集定員があるため,定員をオーバーした研究室では教員が学生の意欲や成績を考慮して仮配属学生を決定します.

当日は,定員オーバーの研究室を希望した学生たちが,13時の結果発表の掲示をみて一喜一憂していました.残念ながら第一希望の研究室に配属されなかった学生たちは,月末の2次募集に期待をかけることになります.

例年,優しい先生の研究室や楽な研究室を希望する学生が少なくありません.そういう意味では,第一希望に漏れた場合でも,卒業研究をしっかりやろうという意欲のある学生には,まだ,門戸が開かれていると思います.(H.T.)

IMG_1007.JPG