TOP > 2011年1月

News & Topics

春休みを利用して1ヶ月間(2月中旬から3月中旬)、アメリカに留学するのが海外航空宇宙学研修です。今年は2年生5名、1年生4名(2名女子)が留学予定です。6ヶ月留学と比べて比較的気概なく参加できます。異なる文化の中で国際人としての感性を養うとともに航空学の専門実習を受けることを目的にしています。

留学先は、ワシントン州シアトルにあるSouth Seattle Community College(SRCC)です。3週間は英語研修として英語と文化を学びます。残り1週間は、機体構造からジェットエンジンに及ぶ実機を使った航空学の講義と航空整備実習を行います。講義や実習はすべて英語で行われます。また、ボーイングの工場を見学し、実際の航空技術を見聞します。

1ヶ月の短い留学ですが、多くを学び、貴重な体験を通して得られる知識は大きな財産になるでしょう。

  sscc.JPG

 

機体.JPG

 

エンジン.JPG

 

 

 この3月、航空宇宙学専攻の学生10名が6ヶ月留学(3年次前期)のためアメリカに旅立ちます。実践的な英語力を身につけるとともに専門技術としての航空機操縦免許(FAA自家用ライセンス)取得を目指します。

彼らは、エアラインパイロットなど航空機運航従事を目指す者、航空機技術者を目指す者たちです。米国では、職業パイロットに必要なライセンスを大学で取得する場合が多いです。

留学先は、ワシントン州オーバーンにあるGreen River Community College(GRCC)です。正規学生として留学しますので、特別扱いはされません。全くの英語環境で学びますので、多くの人との出会いを通じて豊かな英語能力と実践的な専門知識を習得できるでしょう。  

 

grcc.JPG

CrestAirpark2.JPG

IMG_Pilot.JPG